経理 財務 仕事内容

経理と財務の違いと仕事内容

経理と財務の違い
会社によっては、もっと細分化されている事が多いです。(大企業)
ですので、大中小企業の会社組織図等で見ると、はっきりと分かりますので、転職の際は役立てて下さい。

 

会計⇒財務⇒経理 こんなイメージの方が覚えやすいかと思います。

 

通常の中小企業では、呼び名は経理部又は、財務経理部等と呼ぶ事が多いです。
仕事の内容は、これも会社によって分かれている場合は、違いますが経理部3.4名位ですと
統括され、財務と経理は一緒に進めている事が多いです。

 

こちらのサイト経理の仕事の流れで一緒に書いていますが、ご自分のキャリアアップ、スキルアップで経理の上を目指す方の為に、仕事内容を分けてみます。

 

経理の仕事
1..現金の業務.銀行の業務
1.仕入や売上管理
1.請求書の発行、取引先からの請求書の管理。
1.会計ソフト打ち込み
1.貸借対照表と損益計算書の管理
1.タイムカードの集計や給与計算(総務関係がやる事もあります)
1.各税務関係、社会保険料関係
1.決算業務(棚卸.税務対策なども含みます)
日々の現金の出し入れから、決算まで1年間の業務が一般的な経理の仕事です。

 

財務の仕事
財務になりますと、経営管理まで入り、資金の管理、銀行との借り入れの交渉や、年間の収支の予定
また、経営分析など。。。経理の一歩先まで会社の管理をする。

 

経理事務は、財務管理まで出来るとキャリアアップに繋がり、転職には有利です。
決算から財務一般まで出来る人の募集は大変多いです。

 

 

経理と財務の仕事内容を把握して、一歩ずつ進むだけです。

 

 

まずは、決算書の見方を捉えて、自分なりに資料を作って分析してみる事が1つの勉強方法です。

 

 

スポンサー ドリンク